「黒笑小説」 東野圭吾

最近の通勤電車内ですることといえば
やっぱり読書です。
DSや数独も飽きてしまってたどり着いたのは読書。

今回は、またまた東野圭吾。
今度は小説、「黒笑小説」 東野圭吾



といっても短編小説。
しかもタイトルからみても黒?
グロイ話なのかと読んでみると以外にシュールな面白さが満載!
なかでも「笑わない男」というのが最後にどんでん返しがあり
ほほぅと唸りました。
おもしろかったです。
今をトキメク東野圭吾やるね。


「黒笑小説」 東野圭吾

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 上記のリンクで、あなたはiwc iwcのポルトガル年間カレンダーsihh 2015年頃デビューしたとき、私たちの最初のレポートを読むことができます。その後まもなく、我々はポルトガル語の「家族は本当に唯一の新しいバージョンであったことを経験することができました。我々は、まだわからないことは、文字通りの名前」をそれぞれのポルトガル語ポルトガル語iwcの腕時計への良い考えであったと確信します。バレンシアガバッグスーパーコピー」という名前かもしれない後者より歴史的に正確な」ブランドの歴史が我々のポルトガルの「ちょうど欠けないクラスと多くのロールを正確に舌」と言っているのは、英語を話す人に。なぜ、あなたはそのように何かのブランドの旗艦のドレスウォッチコレクションを増したい(ないとは思いませんが、私たちは、ポルトフィーノの彼らの旗艦のドレスウォッチですか? http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N48180.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です