「ももさくら」 清涼飲料

長くデザインなんて仕事をしていると、色々な案件があるものです。

清涼飲料水。
いわゆる昔の人に言わせると「色付きジュース」。
果汁がほんと数パーセントしか入っていない飲料をそう言いますね。
うちのオカンw

そんな飲料のパッケージのデザインをすることがあります。
そういうものにこそ、しばり(規制)があるのです。

販売価格も安いので、安く見えるデザインにする!
高級にしようと思えばいくらでもできるけど… それは違う。
果汁のパーセントにより、写真は使えない。
ましては、イラストの使い方にも色々あるのだ。

かっこよくすれば良いばかりがデザインではないのですね。
その商品にあったデザイン。
それが商業デザインということですね。

さて、最近コンビニで発見した500mlの飲料。
「ももさくら」


もも味? さっさくら味デスカ?



10%も果汁が入っている!
これは100円商品ではすごいことです!
なのでこんなリアルで、そして大きくイラストも使えるのですね!

そして「桜の花抽出物」。
なんですかソレハ。

そして商品名は「ももさくら」ではないのです。
「10%もも果汁入り飲料」
はい。

そして原材料を見ると、糖が一番じゃないですか。
オカンが色付きジュースというのも分かる年になりました。

おいしかったんですけどねぇ。
季節限定ものですかね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です