「陰日向に咲く」 劇団ひとり

ちょっと前に話題になった、芸人の劇団ひとりの小説
「陰日向に咲く」をやっと読みました。



劇団ひとりは嫌いではない。
むしろ好感を持っている芸人さんだ。
それでも芸人の書いたものだし、タイトルもなんかスカしているな。
意味も無くそう思って少し馬鹿にしていました。(売れたやっかみか?)

ホームレスやオタク、売れない芸人など、色々な悩みのある人間の心理描写が、
ありそうで思いつかない観点から描かれていました。
そういう風に物事を考えるのはセンスがあるんだな、芸人はやっぱりものの見方が違うんだと思いました。
短編のようでいて、色々な所で繋がっていて、ちょっとヤルな。とか思いました。

劇団ひとりらしい「シュールな気持ち悪いかわいさ」も出ていたと思います。
最後にちょっと息切れらしいけど、きちんとオチをつけてきていて面白い1冊でした。
あっという間に、一気に読み終えました。
あとがきがちょっと笑えましたね。


「陰日向に咲く」 劇団ひとり

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です