「重力ピエロ」 (新潮文庫) 伊坂 幸太郎

久しぶりに読書。
少し前に映画にもなったような気がした、「重力ピエロ」を読んでみました。



タイトルから不思議な雰囲気でしたが、内容も不思議な感じでした。
とても重い内容のハナシでしたが、文体のせいかさらっと読めました。
視点としては面白いもので新しい考え方を得ることもできたと思います。

社会問題、親子愛、兄弟愛の話。
家族の絆ってあるのだと思いました。
脇役的であった父親がいい味を出していて印象に残りました。

「重力ピエロ」 (新潮文庫) 伊坂 幸太郎

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です