Category Archives: Book

「分身 東野圭吾」集英社文庫

twitter、そしてiPhoneをゲットしてから通勤中はずっとついついつい…。
でした。
久しぶりの読書もイイもんだ。
といってもミステリーちっく。

図書館に寄ったついでに、久しぶりに東野圭吾さんの本。

「分身 東野圭吾」集英社文庫

ある程度読み進めると結末は分かってしまう。ただそこまでに至るストーリーが腕の見せ所?。

もう少しヒネリがあっても良かったかなと思いましたが、
途中で飽きてしまうこと無く読み進められるところが彼の上手さでしょうか。
楽しく読むことができました。

ところで東野圭吾さんの有名どころの本はいくつか読みましたが、少しダーク?ですねぇ
社会問題、人間の本性などに興味、敏感な方なんでしょうか。医療系が得意とか?

次は楽しい話を読んでみたいです。

ところでこの分身は、長澤まさみさん主演で映像化されているそうな。

見てみるか。

連続ドラマW 「分身」 DVD-BOX

オジンになったか。業界地図2012年版を購入。

ここ1ケ月ほど欲しかった本をやっと購入。


会社四季報 業界地図 2012年版 東洋経済新報社

実は、これは一度購入したけれど、会社へ持って行ったら、
「もらっておくわ!会社につけといて!」と社長にボッシュウト!
えぇ!?

しばらく忙しく、本屋へ寄れないことはないけれど…。寄れないんだよ。
と思っていて、amazon.co.jpで買ってしまいましたよ。

業界地図とはウマイネーミングですよね。
あの企業と、その企業の関係などなどが掲載されているんですよ!
えー!この企業はつながっていたねの!なんてなんて。
興味津々ですね!おもしろそうですね!

自分の所のメインクライアントさんも掲載されていました。

オジンになったのか。
ビジネスマンみたいです。
いやサラリーマンですよ。

会社四季報 業界地図 2012年版 東洋経済新報社

湯宿の賊 鳥羽亮

P1000002.jpg

時代劇必殺仕事人風活劇
新鮮だったのか一気読み。
自分が仕事人世代だからイメージしやすかったのかな。

湯宿の賊 はぐれ長屋の用心棒 鳥羽亮

「重力ピエロ」 (新潮文庫) 伊坂 幸太郎

久しぶりに読書。
少し前に映画にもなったような気がした、「重力ピエロ」を読んでみました。

タイトルから不思議な雰囲気でしたが、内容も不思議な感じでした。
とても重い内容のハナシでしたが、文体のせいかさらっと読めました。
視点としては面白いもので新しい考え方を得ることもできたと思います。

社会問題、親子愛、兄弟愛の話。
家族の絆ってあるのだと思いました。
脇役的であった父親がいい味を出していて印象に残りました。

「重力ピエロ」 (新潮文庫) 伊坂 幸太郎

「陰日向に咲く」 劇団ひとり

ちょっと前に話題になった、芸人の劇団ひとりの小説
「陰日向に咲く」をやっと読みました。

劇団ひとりは嫌いではない。
むしろ好感を持っている芸人さんだ。
それでも芸人の書いたものだし、タイトルもなんかスカしているな。
意味も無くそう思って少し馬鹿にしていました。(売れたやっかみか?)

ホームレスやオタク、売れない芸人など、色々な悩みのある人間の心理描写が、
ありそうで思いつかない観点から描かれていました。
そういう風に物事を考えるのはセンスがあるんだな、芸人はやっぱりものの見方が違うんだと思いました。
短編のようでいて、色々な所で繋がっていて、ちょっとヤルな。とか思いました。

劇団ひとりらしい「シュールな気持ち悪いかわいさ」も出ていたと思います。
最後にちょっと息切れらしいけど、きちんとオチをつけてきていて面白い1冊でした。
あっという間に、一気に読み終えました。
あとがきがちょっと笑えましたね。


「陰日向に咲く」 劇団ひとり

「黒笑小説」 東野圭吾

最近の通勤電車内ですることといえば
やっぱり読書です。
DSや数独も飽きてしまってたどり着いたのは読書。

今回は、またまた東野圭吾。
今度は小説、「黒笑小説」 東野圭吾

といっても短編小説。
しかもタイトルからみても黒?
グロイ話なのかと読んでみると以外にシュールな面白さが満載!
なかでも「笑わない男」というのが最後にどんでん返しがあり
ほほぅと唸りました。
おもしろかったです。
今をトキメク東野圭吾やるね。

「黒笑小説」 東野圭吾

「バッテリー」 あさのあつこ

ある天才少年の多感な青年時代の野球物語。
でもスポ根小説ではなく、自分、友人、家族との関係にもがく少年。
天才ってところがまた悩み。少年ならではの残酷さ、弱さも描かれている。
確かにその頃は言いたいことを言葉にできないもどかしさもあったかな。
息子をもつ親として、興味深い本でした。
ゆうをもっとみてあげよう☆

「バッテリー」 あさのあつこ

「極道放浪記〈1〉殺られてたまるか! 」 浅田次郎

浅田次郎の作品はたまに読むがこのヤクザシリーズははじめて読みました。
彼の若い頃に体験した嘘のような日々の話のようでした。フィクション?
話の言い回し方は読みやすく、裏家業のちょっとした裏舞台が
垣間みれておもしろく読めました。

ただ浅田次郎はヤクザ(チンピラ、詐欺師)だったんでしょうか。
色々な体験をしたから、色々な文章も書けるのかもしれませんが
本当なら、騙された、被害にあった人たちがこれを読んだらいたたまれませんね。
ということで本当にあったようなノンフィクションとして楽しく読みました。
こちらは1週間かからず読み終わりました。

ちなみに浅田次郎の文章は好きです。
NHKでやっている「蒼穹の昴」を見ています。

「極道放浪記〈1〉殺られてたまるか! 」 浅田次郎

「白夜行」 東野圭吾

昨年末にふらりと町の図書館へ行って借りてみた本です。

最近通勤で本を読んでいるとすぐに読み終わってしまう。
そんな状況だったので厚くて読み応えありそうと借りたものでした。

それが今や超人気。
東野圭吾「白夜行」でした。

本当に分厚くて、1ケ月半ほどかかりました。
ただ図書館というものは2週間で返却しなければならず
1度返却。そして予約待ちして借りました。

ある時、読み終わる頃、チビユママが言いました。
あれ? あたしそれ実家に持っているよ。
それが上記写真です。

時期によって表紙が違うんですね。
上の写真は、そーいえばドラマもやっていたな。
その頃のものかと思われますね。

内容としては
幼少期の体験はとても大事なのかな。
人間の悲しさというかなんというか。
憎しみや愛情は紙一重。
読み応えは十分でしたし、
ちょっとしたどんでん返しがありました。

まさパパとしては、チビユにいっぱい愛情を注いであげよう。
大きな声で「いったらっきまーす」だ!

東野圭吾「白夜行」

カインド・オブ・ブルー 

誕生日に妻にプレゼントしてもらった本。

カインド・オブ・ブルー[雷鳥社版]

タクマクニヒロさんというカメラマンの写真集です。
http://www.k-takuma.com/
また掲載写真もコチラで見ることができます。

このカインド・オブ・ブルーの他にも「ブルーノート」という写真集もあって、それも良いものだということです。
ブルー(青)が好きなんでしょうね。

詩的なものも入っていて、ちょうど最近の私に身近な話でした。

『好きなことを仕事にしたら
幸せになれると思いますか?』

(それで妻は選んだのかな。やるなぁ。妻。)

また、よくよく本を見たり、彼のホームページをみていて驚いたのは、
私は仕事柄、雑誌に広告を掲載するお手伝いをするのだけれど、
その関わりのある雑誌の表紙の写真を撮っていたのがタクマさんだったのだ。
世の中は狭いものだ。

本の最後の方に「ご意見をメールでお待ちしています」
というコメントがあったので今度メールしてみようかな。

家族写真をカッコよく撮ってください。なんてねw